スターリング・ワールド

NatureTech Harmonyのブログへようこそ 2024年の東京でニートだったナカモトサトシは、2085年にタイムリープし地球防衛軍の総司令官となりました。広大な宇宙を舞台に、仲間たちと繰り広げるアドベンチャーストーリー。

第三話④ 北極の侵略

ドラゴニアンの侵略艦隊がアルティシアの北極地帯に接近

 

ゼノス司令官: 「我々は今、アルティシアの北極地帯を占領する。」

 

スパーク: 「地表での攻撃は僕たちドラゴニアンが引き受ける。重力制御で敵を翻弄する。」

 

アルティシア司令官: 「北極地帯に大規模なエネルギー波動を感知。敵の侵攻だ!」

 

ゼノス司令官: 「攻撃開始!重力制御を駆使し、敵を撹乱せよ!」

 

ドラゴンのゼノス司令官は、アルティシアの北極地帯に降り立ち、その強大な重力制御能力を行使し始める。

 

ゼノス司令官は、体内の特殊な器官から重力波を放出する。これにより、周囲の重力が急激に増加し、アルティシアの防衛軍の動きを遅くし、無力化させる。

 

重力場を自在に操作し、地表の物質や建造物を持ち上げて投げつける。これにより、アルティシアの防衛施設や装備が破壊される。

 

重力を操ることで、地表を変形させ、アルティシアの兵士たちの足場を崩す。不安定な地形は、防衛軍の行動をさらに制限する。

 

自身の周囲に重力バリアを形成し、アルティシアの攻撃を防ぐ。このバリアは、通常の武器では突破困難である。

 

ゼノス司令官のこの攻撃により、アルティシアの北極地帯は一時的にドラゴニアンに制圧され、防衛軍は撤退を余儀なくされる。グラヴィトニウム・クリスタルの採掘地に向けてドラゴニアンの進軍は続き、アルティシアの危機は深まる。